ユヴェントスで10番を背負うアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ。

エラス・ヴェローナとの2017年最終戦では圧巻のゴールを決めてみせた。

その彼のポジションについて、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はこう語ったという。クラブ公式が伝えている。

マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス監督)

「彼はビッグクラブではセンターフォワードではプレーできない。

そこだとゴールまでの距離が短すぎるからね。

彼のユーヴェで決めたベストゴールを見てみるがいい。深いポジションから走って(ドリブルして)決めたものが多い」

ヴェローナ戦のゴラッソもそうだったように持ち前の突破力を生かすには、CFではなくやや下がり目の位置がいいということのようだ。