リーグアン第23節、PSGはホームでのモンペリエ戦に4-0で勝利した。

そのなかで、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、1ゴール1アシストの活躍。

彼はこれでズラタン・イブラヒモヴィッチを抜き、PSG史上最多スコアラー(157得点)になった。

前半11分に記念すべきゴールを決めたのだが、その直後のシーンが話題になっている。

得点後にユニフォームを脱いだことで、イエローカードを貰ったカバーニ。だが、フランク・シュナイデル主審はカードを提示する前に、カバーニと握手していたのだ。

審判も記録達成をお祝いしていたと現地では伝えられている。

ついにイブラ超えを果たしたカバーニは「このチームの歴史の一部になることができてとても嬉しい」と述べていたそう。