現在のNIKEサッカースパイクにおいて、フラッグシップ的存在である「マーキュリアル」。

クリスティアーノ・ロナウドやネイマールが愛用するスパイクに、待望のNEWモデルが登場した。

Nike Mercurial Superfly VI

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI

『マーキュリアル スーパーフライ VI』および『マーキュリアル ヴェイパー XII』。現代フットボールには欠かせないスピードを重視した「マーキュリアル」シリーズの正常進化といえるモデルだ。さっそく機能について見ていこう。

どんなにフットボールスパイクの革新性が高くても、それが良くフィットせずに足がたとえ1mmでもスパイクの中でぶれると、スピードが損なわれる可能性がある―。

新しい「マーキュリアル」はフィットに焦点を絞ってデザインされており、画期的な360度の構造が生み出された。

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI

Nikeフライニットで足全体を包む構造について、Nikeフットボールフットウエア担当副社長のマックス・ブラウ氏は、「足を抱き包むような新しいイノベーションは、足とソールプレートの間のすき間をなくします。実際には、ソールプレート自体をなくしました」と語る。

また、ソールプレートを使わず、ソックライナーを新開発の内部のシャシーと一体化することにより、高い反発性を実現。このシャシーは、コンピュータを使ったプログラミングでサイズごとに調整してあるという。

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI

「これまでのマーキュリアルは、すべてサイズ9(27.0cm)を基準に作っていました。しかしマーキュリアル360は、すべてのサイズでバランスのとれたフィット感を提供します」と語るのは、Nikeフットボールシニアデザインディレクターのジェンウー・リー氏。「それぞれのサイズごとに骨格の構造を想定し、それに連動するユニークなシャシーをデザインしています」

スタッドの形状と配置も新マーキュリアルの大きな特徴だ。

リー氏によれば、俊足なチーターをインスピレーションに、スピードを出して動いている時のトラクション性にフォーカス。その結果彼が愛情を持って「チーターの足」と呼ぶミニマルな構造につながったとのことである。

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI

「前足部はアグレッシブに、あらゆる方向にも加速できるように、かかとのスタッドは一瞬でストップできるようにしました」