大手ユニフォームサプライヤーではデザインの“テンプレ化”が目立つ昨今だが、中小規模のブランドとなると話は別で、まだまだ個性を活かしたデザインが健在する。

資金力に乏しいアフリカの小国へのサポートを使命とするAMSも、その個性的で斬新なデザインが最近注目を集めているブランドだ。ブランドロゴの「A」にアフリカ大陸の地形を落とし込んでいることからも、その意気込みのほどが伺える。

そのAMSの数ある個性的なユニフォームの中から、今回はザンジバル代表のユニフォームを紹介したい。

Zanzibar 2017-18 AMS Home

ザンジバル代表 2017-18 AMS ホーム ユニフォーム

ザンジバルはFIFAに非加盟のためW杯予選を戦うことはなく、アフリカの大会が主戦場。準優勝した2017年のCECAFAカップ(東部および中部アフリカの国々が参加する大会)では、このユニフォームを着用した。見ての通りの鮮烈で個性的なデザインが印象に残る。

ザンジバル代表 2017-18 AMS ホーム ユニフォーム

背面には国名“ZANZIBAR”がプリントされているが、選手用はこの部分にネームをプリントする。

このデザインを本当に公式戦で着ているの…?と疑われるかもしれない。

#zanzibar4caf #zanzibar4fifa
AMS Clothingさん(@ams_clothing)がシェアした投稿 -

ご覧の通り本当に着ている。パンツ、ソックスともにシャツと同じブルーを基調。