『Footballlive』は5日、「ザンジバルサッカー協会は、半年以内に国際サッカー連盟(FIFA)への加盟を申請する」と報じた。

ザンジバルはアフリカ東海岸、インド洋に浮かぶ諸島群である。

対岸のタンガニーカとの合併でタンザニア連合共和国を形成しているが、統治についてはザンジバル革命政府が行っているため、独立した性格を持つ地域だ。本土と違った「一国二制度」があることから、『アフリカの香港』とも呼ばれている。

それは近年サッカーの部分でも進んでおり、昨年行われた第39回アフリカサッカー連盟(CAF)総会において、ザンジバルの加盟が全会一致で認められている。

さらにザンジバルサッカー協会会長を務めているラヴィア・イダウロス・ファイナ氏は今回「半年以内にFIFAへの加盟を申請する」と表明したという。

南スーダンに続き、CAF55カ国目のメンバーとなったザンジバル。FIFA加盟が認められれば、212カ国目のメンバーとなる。