『The SUN』は3日、「南アフリカでクリケットを観戦していた親子が、ヴェンゲル監督へのメッセージを掲げた」と報じた。

昨年大きなウェーブを巻き起こした「Wenger Out」ムーブメント。世界各地でアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に辞任を求める声が上がり、それに反発するように「Wenger Stay」のカウンターも発生した。

それはサッカーに限らず様々なスポーツイベントや政治的デモ、有名ミュージシャンのコンサートの中でも行われており、もはやただのブームのようになっていた。

そして、このところ再びこの運動が盛り上がりを見せている。原因はもちろんアーセナルの成績が芳しくないこと…。

しかし、今回南アフリカでクリケットのテストマッチを観戦していた子供は、「Wenger In」のバナーを掲げた!

ただ、着ているのはリヴァプールのユニフォームだ…父親と思われるアーセナルユニの男性はもちろん「Wenger Out」。だいぶ意味深だった…。

ちなみに、昨年4月から更新が止まっているものの、「世界中のWenger Outを集めただけのツイッターアカウント」(@WengerOutSigns)もあったりする。