トッテナムで活躍を続ける韓国代表FWソン・フンミン。1-4で勝利したボーンマス戦でも2ゴールを叩き出し、これで4試合で7得点と爆発している。

現地でも評価もうなぎ上りのようだ。『BBC』によれば、かつてチェルシーやセルティックで活躍した元イングランド代表FWクリス・サットンがこう述べたという。

クリス・サットン

「ソンはなんて素晴らしいオールラウンダーなんだ。

彼は素晴らしい労働観を持っており、バーサタイルでもある。

ユヴェントスとのアウェイゲームで(先発から)外されたのは驚きだったが、水曜日(ホームでの2ndレグ)はいい試合をした。

彼はセンセーショナルだよ。

(アレクシス・)サンチェスがマンチェスター・ユナイテッドに行ったことを皆いつまでも話題にしている。

だが、私からすればサンチェスの代わりにソンが毎日いてくれるほうがいい」

「ソンはサンチェスに勝っている」と語っていたそう。

ただ、ソンもプレミア1年目は苦しんだ。サンチェスはこの1月に移籍したばかりで、まだ新しいチームに適応している最中といえるはず。