売られた喧嘩は買うタイプのジョゼ・モウリーニョ監督。

このほど、自身を批判したある人物について「プレミアリーグ史上最低の監督」と言い放った。

昨年、クリスタル・パレスを率いたフランク・デ・ブールに対してだ。

デ・ブールはマンチェスター・ユナイテッドでプレー時間を減らしているマーカス・ラッシュフォードについて、「モウリーニョの下でプレーするのは気の毒だ」とコメントしていた。

しかし、モウリーニョはデ・ブールを「プレミアリーグ史上最低の監督」と一蹴。

7戦7敗でクリスタル・パレスの監督を解任された過去を引き出し、「もしラッシュフォードの監督がデ・ブールだったら、全試合に負けるだろうから負け方というものを学べるだろう」とユーモアたっぷりに反論した。