先週末に行われたJ1第4節。

清水エスパルス対ベガルタ仙台の試合では、驚きのスーパーゴールが決まった!

※01:01から

0-0で迎えた9分、清水FW金子翔太がこのミドルシュート!

ゴールまで30mはあろうかという距離から豪快に右足を振り抜き、無回転のボールをファーサイドのトップコーナーに突き刺した。

ボールは全く回転することなく枠内へと飛び、ゴール裏からのカメラではボールに描かれたデザインが確認できるほどであった。ここまでの無回転は珍しい!

金子はここまでのJ1で全試合フル出場しており、目下3戦連続ゴール中。J1の得点ランキングで首位に立っている。

このシュートについて金子は「前半は風上でしたし、前を向いたら思い切って打とうかなという意識もありました」と話しつつも、「ただ、あそこまでうまく入ってくれるとは思わなかったので、自分でもビックリです」と振り返っている。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています