『AS』は17日、「マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFマルコス・ロホは、クリスマスの行動で追放を覚悟した」と報じた。

2014年の夏、スポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍してきたマルコス・ロホ。

彼はイングランドに移住してきた際、あのアレックス・ファーガソン元監督の隣に住んでいた。

そしてマンチェスター・ユナイテッド移籍後初めて迎えたクリスマスの日。ロホはこんなことがあったと話したという。

マルコス・ロホ

「クリスマスに、僕の家族全員が休日を過ごしていた。花火をしたりするのはいつものことじゃないんだ。

皆かなり早い時間にベッドへ入った。しかし僕は家族を驚かせたくて、深夜に花火をしたんだよ。

そして、次の日は試合だった。ファーガソンはオールド・トラッフォードでの試合では必ず選手に会いに来るんだ…。

しかし、彼は『ああ、昨晩はいいライトショーだったね』と。廊下を横切った時に僕に言ったんだ。

正直死にたくなった。もう放出してくれと思った。しかし、幸運にも平穏無事に終わったよ」