先日行われたギラヴァンツ北九州とのJ3第2節でゴールをあげた播戸竜二。

38歳7ヵ月15日での達成というJ3での最年長記録を樹立したが、続くガイナーレ鳥取戦でも途中出場からゴールを決めている。

播戸のゴールでFC琉球は勝ち越しに成功したが、試合終了間際に追いつかれ試合は2-2のドローで終了した。

そんな播戸は試合後、フラッシュインタビューに登場。

引き分けという結果に悔しさを滲ませていたのだが、その最後にはつい本音が出てしまったようだ。

インタビュアーからの質問が想像以上に少なく、思わず出たのは「終わり?!」という言葉!インタビュアーにツッコむあたりは流石に関西人だ。

播戸はこの後、「これやったらすぐにできたやん」と話している。

状況はちょっと分からないが、ひょっとしたら50秒ほどのインタビューのために少し待たされていたのかもしれない。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています