ついにMLSのLAギャラクシーへの移籍が決まったズラタン・イブラヒモヴィッチ。

『Marca』では、この移籍で彼の給与は95パーセント減になると伝えている。

これまでの年俸は2180万ユーロ(28.2億円)ほどだったが、それが120万ユーロ(1.5億円)にまで減るとのこと。

MLSではサラリーキャップが導入されているほか、LAギャラクシーは例外的な扱いが出来るフランチャイズプレイヤーの枠も全て埋まっている。

そのためにこの額になったとのこと。なお、2年総額300万ユーロ(3.8億円)という報道もある。