昨年、連続テレビ小説「ひよっこ」やドラマ「過保護のカホコ」、映画「帝一の國」に出演し大ブレイクした俳優の竹内涼真さん。

雑誌『日経トレンディ』が選ぶ「2017年のヒット人」に選ばれるなど、今最もホットな若手俳優と言える。

そんな竹内さんはサッカー経験者であり、東京ヴェルディのユースに所属していたことで知られている。当時のチームメイトには、今回の日本代表の欧州遠征で上々のパフォーマンスを見せた中島翔哉がいた。

竹内さんはVERDY S.S 相模原Jrユースから東京ヴェルディユースに昇格。その後、一学年下の中島もヴェルディユースに加わり、二人は同じチームでプレーしていたというわけだ。

そうした縁もあり、竹内さんはやはり今でも中島の動向を追っているよう。

ウクライナ戦で中島が見せ場を作った際には、Twitterで思わず「翔哉‼️‼️」と叫んでいた。

ちなみに、当時の東京ヴェルディユースは多くのJリーガーを輩出しており、DF畠中槙之輔(現東京ヴェルディ)、DF安西幸輝(現鹿島アントラーズ)、杉本竜士(現徳島ヴォルティス)、南秀仁(モンテディオ山形)などがいる。

なかでも南とは同い年であり、ともにVERDY S.S 相模原Jrユースからユースへと昇格している。