ついにW杯まで2ヶ月あまりとなり、日本サッカー界に激震が走るようなニュースが流れた。

本大会を直後に控えながら、突如ヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督が解任されるというのだ。その真偽は不明であるが…。

これまでにもW杯の直前に監督を変えたチームがなかったわけではない。そこで、1994年以降に限定してではあるが、本大会と同じ年に指揮官を変えたチームの成績を振り返ってみよう。

2010年ナイジェリア:ラーシュ・ラガーベック

W杯:1分け2敗、GL4位(敗退)

ラーシュ・ラガーベック ナイジェリア

2010年コートジボワール:スヴェン=ゴラン・エリクソン

W杯:1勝1分け1敗、GL3位(敗退)

スヴェン=ゴラン・エリクソン コートジボワール

2006年トーゴ:オットー・フィスター

W杯:3敗、GL4位(敗退)