9日、日本サッカー協会は「7日付でヴァイッド・ハリルホジッチ氏を解任し、西野朗氏を新たな監督に招聘した」と公式発表した。

西野朗氏は1955年生まれの63歳。かつて日本代表MFとしてプレーし、引退後はU-20代表、U-23代表などで指導を行った。

1998年からは古巣である日立製作所を前身とした柏レイソルの監督となり、その後ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスを指揮。

一昨年日本サッカー協会の理事に就任し、技術委員長を務めてきた。今回そこからの内部昇格となり、ワールドカップまでの2ヶ月を準備することになる。