ハリルホジッチ氏を解任し、西野朗監督と日本人スタッフでワールドカップに臨むこととなった日本代表。

西野監督は新チームの人選について、「フラットに考えたい」としつつ本番まで時間がないこともあり、前監督のベースを基本的には引き継ぐとしている。

ただトップが変われば配下も刷新され、前体制で重用されたものほど不遇を囲うのは世の常である。日本代表にも、今回の解任劇によって立場が急変する選手が少なからず発生するであろう。

そこで今回は、ハリルホジッチ氏の解任&西野監督の就任によって「ワールドカップ出場に黄信号が灯った」、かもしれない選手たちを特集する。

あくまでもQoly編集部の独断と偏見による選定であることをご容赦いただきたい。

浅野 拓磨

浅野拓磨

縦に速いサッカーを志向するハリルホジッチ前監督にとって、「ジャガー」の愛称を持つ快足の浅野は待望の人材だった。

リオ五輪前のトゥーロンに参加中だった彼をA代表に招集し、大会途中半ば強引に帰国させたことはまだ記憶に新しい。その期待に応えるように浅野は、アーセナルへ移籍し、A代表にも定着。そして昨年8月のオーストラリア戦で6大会連続ワールドカップ出場をもたらす決勝弾を決め、本大会行きを手中に収めたかと思われた。

しかし今季ドイツ1部に昇格したシュトゥットガルトで出番を失うと、代表でもベンチを温める機会が増える。3月の代表戦ではとうとう招集外となり、追い打ちをかけるかのようにハリルも解任されることとなった。

明確な武器を持つだけにまだ希望はある。しかしこのままドイツで出番を得られなければ厳しいだろう。