5試合を残し、プレミアリーグ優勝を決めたマンチェスター・シティ。

UEFAチャンピオンズリーグとFAカップでは敗退していることから、今シーズンはリーグカップとの二冠で終えることになった。

英国『The Sun』によればすでに来季に向けた補強に乗り出そうとしており、1億ポンド(およそ153億4500万円)を用意しているのだという。

記事によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督が狙っているのはレスターFWリヤド・マフレズとシャフタールMFフレッジであるという。

マフレズはこれまでにもシティ移籍が噂されており、今年の1月には契約直前まで進んでいたという話もある。ペップもマフレズに対して未だ関心を寄せており、今夏も獲得に挑戦するようだ。

一方、シャフタールのフレッジは1993年3月5日生まれの25歳。

シャフタールの主力として活躍するブラジル人選手で、今年3月の代表ウィークではネイマールに代わりセレソンの「10番」を背負った。

フレッジはフェルナンジーニョに似たタイプのMFであり、ペップとしてはこの二人をローテーションで起用したいのだそう。

記事では、この2人の獲得に向けシティは153億円を用意すると伝えられている。