マルセイユの日本代表DF酒井宏樹が、リール戦で左ヒザを痛めて負傷交代となった。

ワールドカップ開幕まで50日ほどに迫っており、怪我の程度が気になるところだ。

『RMC Sport』によれば、ルディ・ガルシア監督は酒井についてこう述べたという。

ルディ・ガルシア(マルセイユ監督)

「十字靭帯ではないだろう。私は医師ではないが、十字靭帯ではないという印象を持った。

すぐに復帰するのは難しいだろう。

(全治までの)予測をするつもりはないが、それほど酷くないことを願う」

指揮官としては、靭帯損傷ではなさそうという考えを持っているようだ。マルセイユは来週にEL準決勝1stレグが控えている。