堂安律と小林祐希がプレーするオランダ1部リーグ エールディビジは、2017-18シーズンのレギュラーシーズンが終了した。

得点王に輝いたのは、アジア人選手!AZでプレーするイラン代表FWアリレザ・ジャハンバフシュが、21ゴールを叩き出して見事栄誉に輝いた。

ジャハンバフシュは24歳のアタッカー。サイドを主戦場に果敢な突破でゴールを脅かすウィンガーで、イラン代表として2014年W杯にも出場している。

最終節でハットトリックの大暴れを見せたジャハンバフシュは、3位になったAZの躍進の原動力に。

アリレザ・ジャハンバフシュ(AZ FW)

「ハーフタイムに(得点王を争っていた)ADOのビョーン・ヨンセンが得点したと聞かされたんだ。しかも2点もね。

自分の考えはシンプルだった。1点目でタイトルが近くなり、2点目で安全圏に、そして3点目で決まった。うまくいったよ。

信じられないよ、忘れられない日になった。

得点王になってシーズンを締めくくれるのは、自分にとってより特別だよ。ウィンガーとしてね」

今年のワールドカップでも注目のアジア人選手のひとりになりそうだ。