韓国代表は、2018年ワールドカップに向けた28人の代表候補メンバーを発表した。

本大会に出場する32ヶ国は、6月4日(月)までに登録メンバーを23人に絞らなければならない。

Jリーグからはキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、チャン・ヒョンス(FC東京)、チョン・スンヒョン(サガン鳥栖)、チョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)の5選手が選出。

他にもA代表経験を持たない選手や2部リーグの選手が選ばれており、韓国の未来を担うと期待されるエラス・ヴェローナのイ・スンウも大枠のメンバーに入った。

GK:

キム・スンギュ / Kim Seung Gyu
(ヴィッセル神戸/JPN)

キム・ジンヒョン / Kim Jin Hyeon
(セレッソ大阪/JPN)

チョ・ヒョヌ / Cho Hyun Woo
(大邸FC)

DF:

キム・ヨングォン / Kim Young Gwon
(広州恒大/CHN)

チャン・ヒョンス / Jang Hyun Soo
(FC東京/JPN)

チョン・スンヒョン /  Jung Seung Hyeon
(サガン鳥栖)

ユン・ヨンソン / Yun Young Sun
(尚州尚武フェニックス)

クォン・キョンウォン / Kwon Kyung Won
(天津権健/CHN)

オ・バンソク / Oh Ban Suk
(済州ユナイテッド)

キム・ジンス / Kim Jin Su
(全北現代モータース)

キム・ミヌ / Kim Min Woo
(尚州尚武フェニックス)

パク・チュホ / Park Joo Ho
(蔚山現代)

ホン・チョル / Hong Chul
(尚州尚武フェニックス)

コ・ヨハン / Go Yo Han
(FCソウル)

イ・ヨン / Lee Yong
(全北現代モータース)

MF:

イ・ソンウ / Lee Seung Woo
(エラス・ヴェローナ/ITA)

キ・ソンソン / Ki Sung Yueng
(スウォンジー・シティ/ENG)

チョン・ウヨン / Jung Woo Young
(ヴィッセル神戸/JPN)

クォン・チャンフン / Kwon Chang Hoon
(ディジョン/FRA)

チュ・セジョン / Ju Se-Jong
(牙山ムグンファ)

ク・ジャチョル / Koo Ja Cheol
(アウクスブルク/GER)

イ・ジェソン / Lee Jae-Sung
(全北現代モータース)

ムン・ソンミン / Moon Seon Min
(仁川ユナイテッド)

イ・チョンヨン / Lee Chung Yong
(クリスタル・パレス/ENG)

FW:

キム・シヌク / Kim Shin Wook
(全北現代モータース)

ソン・フンミン / Son Heung Min
(トッテナム・ホットスパー/ENG)

ファン・ヒチャン / Hwang Hee Chan
(レッドブル・ザルツブルク/AUT)

イ・グノ / Lee Keun Ho
(江原FC)