『Daily Mail』は14日、「アーセナルはスタッフ5名を一挙に解雇した」と報じた。

今季限りでアーセン・ヴェンゲル監督が退任することになったアーセナル。それとともに組織の改変が進んでいる。

すでに今夏チームを去ることが決まったのは以下の5名。

トニー・コルバート(1998~ フィットネスコーチ)

ボロ・プリモラツ(1997~ ファーストチームコーチ)

ニール・バンフィールド(1997~ ファーストチームコーチ)

ゲリー・ペイトン(2003~ GKコーチ)

コリン・レヴィン(1995~ メディカル部門チーフ)

長くヴェンゲル氏とともに働いてきたベテランスタッフの多くが今夏を最後にアーセナルを離れることが決まった。

他にもスティーヴ・ボールド、イェンス・レーマン(アシスタントコーチ)、設備管理マネージャーのポール・ジョンソンらも退任する可能性があるとのことだ。

メディカルチームについては、ドクターのギャリー・オドリスコールが後任のチーフに就任する予定だという。

その一方、アーセナルは元選手のフレディ・ユングベリらをスタッフに招聘しようと考えているようだ。