『Sportskeeda』は29日、「アーセナルの次期監督候補5名、その長所と短所」という記事を掲載した。

今季限りでアーセン・ヴェンゲル氏が退任することになり、22年に及んだ政権がついに終わりを迎えるアーセナル。

この夏には新たな監督が招聘されることになるが、まだクラブは候補を検討している最中であるという。

現在有力だと言われている5名の候補、そしてその長所と短所とは?

カルロ・アンチェロッティ

カルロ・アンチェロッティ アーセナル

長所:

まず、彼はそのキャリアで『勝者』であることが証明されている。

グアルディオラ、モウリーニョとともに、アンチェロッティはこの世代で最も成功した監督である。

イタリア、イングランド、フランス、スペイン、ドイツでトロフィーを獲得することができる指揮官は何人いるか?

アンチェロッティは選手としても監督としても大きな成功を収めた、サッカー界では珍しい人物の一人である。

ミランの監督として3回のチャンピオンズリーグ決勝を戦い、チェルシー、PSG、バイエルンでリーグ優勝を果たした。

彼は今プレミアリーグでの仕事を狙っているし、ロンドンに居住している。その実績と攻撃的なスタイルは、アーセナルの選手やファンともフィットするだろう。

短所:

今アーセナルがどういう状況下を考えれば、混乱から抜け出させる監督としては正しい選択ではないかもしれない。

なぜかといえば、アンチェロッティは常にスーパースターに満ちた、しかもバランスが取れたチームを率いてきたからだ。

アーセナルはおそらくワールドクラスの選手は1人しかいない。アンチェロッティが彼らを復活させるために必要なものを持っているかどうかは問題だ。