ついにアーセン・ヴェンゲル監督がアーセナルの指揮官から退任することになった。

ここでは、『sportskeeda』による「アーセナル次期監督に期待すべき5つのこと」を見てみる。

守備を再び機能させること

アーセナル守備陣

ヴェンゲルのアーセナル全盛期における強固な守備は、もはや遠い記憶になってしまった。

今季のガナーズがシーズンが進むにつれて悪くなっていった理由のひとつは、守備ユニット(のもろさ)にある。守備における首尾一貫したプランの無さは顕著になった。

新監督は守備のオプションについてじっくり検討する必要がある。

DFには多くの選手がいるものの、シュコドラン・ムスタフィやカラム・チェンバースなどの選手は、この崇高なるクラブでプレーするに十分だと見せつけられていないし、彼らは放出されるべきだろう。

3バックか4バックにするにしろ、いくらかの補強は必要になるはずだ。チーフスカウントのスヴェン・ミスリンスタット氏も、すでにフライブルクの若きCBチャーラル・ソユンジュらをチェックしているとされている。