ついにアーセナルから退任することが決まったアーセン・ヴェンゲル監督。

ガナーズで22年の長期政権を敷いた指揮官は68歳になったが、今後の去就も気になるところ。

ここでは、『sportskeeda』による「ヴェンゲルのありうる5つの新天地」を見てみよう。

フランス代表

フランス代表

ディディエ・デシャン監督はフランス代表において、“OK”な仕事をしている。だが、彼らはより多くのことができうる。

フランス代表は驚異的なタレントたちが溢れており、経験豊富な人物によって率いられる必要がある。

ヴェンゲルはその要件を完璧に満たす。もしW杯後に着任したとしても驚きはないだろう。

(クラブチームのように)毎日長時間働く必要がないので、68歳の彼にとって理想的な目的地になるだろう。