ついにアーセナルの指揮官から退任することが決まったアーセン・ヴェンゲル監督。

『Mirror』では「ヴェンゲルの221人」として、この22年間で獲得してきたアーセナル選手たちを特集していた。

2016年に移籍した浅野拓磨については記載されていなかったが、トップチームでプレーした経験を持つ稲本潤一と宮市亮についてはこう触れられていた。

70人目:Junichi Inamoto

稲本潤一
「アーセナルがダブルを果たした2001-02シーズンに加入したが、優勝メダルを貰えるほどのプレー機会は得られず。その夏に退団した」