ロベルト・マンチーニ監督が率いるイタリア代表はサウジアラビア戦に2-1で勝利し、新監督の初陣を白星で飾った。

この試合のスターティングイレブンはこのような面子だった。

なんでも、2012年以来となるユヴェントス選手が1人もいないスタメンだったそう。

GK:ジャンルイージ・ドンナルンマ(ミラン)

DF:ダヴィデ・ザッパコスタ(チェルシー)

DF:アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)

DF:レオナルド・ボヌッチ(ミラン)

DF:ドメニコ・クリッシト(ゼニト)

MF:アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)

MF:ジョルジーニョ(ナポリ)

MF:ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)

FW:マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)

FW:マリオ・バロテッリ(ニース)

FW:ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)

確かにユーヴェ勢はゼロ。ブッフォンやバルザーリ、キエッリーニらがいなくなった影響もありそうだ。なお、今回もユーヴェ選手自体は4人選ばれている。

試合後、マンチーニ監督は代表復帰戦でいきなりゴールを決めたバロテッリについて、「マリオはまだまだよくなれる。とはいえ、復帰戦で非常によくやったよ。特に前半のあのゴールはね」と讃えていた。

イタリアはこの後、フランス、オランダと親善試合を行う。