日本のユニフォーム好きならおそらく誰もが一度はお世話になったであろうサッカーユニフォームサイト『Football Shirts Voltage.com(サッカー各国代表&クラブユニフォーム)』を運営する小野有紀(yuuki_ono_99)氏が、ワールドカップ大会別のベスト5ユニフォームを選出する企画。

第4回は、2006年のドイツ大会!(※第3回はこちら

5位 ウクライナ(lotto ホーム)

ワールドカップ初出場ながら、ベスト8の快挙を成し遂げたウクライナ代表が着用したのはlottoの「マグマ」と名付けられたモデル。

契約している代表(セルビア・モンテネグロ、パナマなど)やクラブ(サラゴサ、パレルモ、トゥールーズ、大宮など)がこぞって採用したというlotto最大のヒット作。シンプルな構成ながらベースカラーとサブカラーの組合せだけで、そのチームの個性を出せるという、まさにデザインの勝利と言える一枚である。

2006 ウクライナ代表ユニフォーム

世界中のフットボールシーンで活躍した「マグマ」の最高峰の舞台が、このウクライナ代表の「W杯ベスト8」であったことは間違いのない事実である。

なぜなら、このモデルとベスト8の肩書きをもって臨んだユーロ2008予選ではグループ4位に沈み、栄光は一瞬のものになってしまったからである。