コロンビアとの初戦を見事に制した日本代表。

6度目のワールドカップとなる今大会は、西野朗監督により選出された23選手が出場している。

今回は特に経験を重視したメンバーであり、平均年齢が過去最高の28.2歳であることが話題。

では、出身地はどうなのか?調べてみた。

3人

■兵庫県
岡崎慎司、香川真司、昌子源

一番多かったのは兵庫県。コロンビア選手に出場した香川、昌子、岡崎の3人が名を連ねている。

香川真司 岡崎慎司

ヴィッセル神戸にアンドレス・イニエスタがやってくるなど勢いがある。

2人

■埼玉県
川島永嗣、原口元気

■東京都
武藤嘉紀、中村航輔

■静岡県
長谷部誠、大島僚太

■大阪府
東口順昭、本田圭佑

2人を輩出したのは埼玉、東京、静岡、大阪の4都府県。こちらもなかなか納得のいく顔触れだ。

長谷部、大島の静岡ボランチコンビは今大会でもあるかも?