ついにワールドカップ初出場を果たしたアイスランド代表。初戦のアルゼンチン代表戦は渾身のプレーで勝点1をもぎ取り、堂々のW杯デビューを果たした。

そして、2002年から16年間に渡ってアイスランド代表をサポートしているキットサプライヤーのerrea(エレア)も、チームとともに「初のワールドカップ」に臨んでいる。errea製のユニフォームがW杯のピッチに立つのは、ロシア大会が初めてだ。

ここでは、代表チームとerreaのロシアW杯までの軌跡を振り返ってみよう。

アイスランド代表 2002-04 ユニフォーム

アイスランド代表 2002-04 errea ユニフォーム

主にユーロ2004の予選で着用したerrea製ユニフォームの第一弾。9番は当時のアイスランド代表で唯一のワールドクラスだったエイドゥル・グジョンセンだ。

erreaはイタリアのスポーツブランド。会社の規模はadidasやNike、Pumaといったメガ企業とは比べるべくもないが、ユニフォームファンからは熱い支持を受けるメーカーだ。

アイスランド代表 2002-04 errea ユニフォーム

アイスランドの風土の特徴である氷河をイメージしたグラフィックは見るからに涼し気で、そしてインパクトがある。

アイスランド代表 2002-04 errea ユニフォーム

2003年3月に行われたEURO 2004予選のスコットランド代表戦での一場面。アウェイキットは白を基調とし、肩の氷河部分は青をメインカラーとしていた。