ワールドカップ第2戦で日本代表と戦うセネガルを率いているのは、今大会最年少監督でもあるアリュー・シセ氏だ。

42歳の同氏は2002年の日韓大会でセネガル代表のキャプテンでもあった人物。

『Sport Express』などロシアメディアによれば、彼はロシアでセックスシンボル化しているという。

その理由は、2-0で勝利したポーランド戦のゴールセレブレーションにあるとか(下記動画1分36秒~)。

拳を握って上下させたあのシーン。日本戦に向けた会見の席でこの件について聞かれた指揮官はこう答えたという。

アリュー・シセ(セネガル代表監督)

「女性たちが私を愛してくれているのは嬉しい驚きだよ。

セックスシンボルとしてのステータスを与えてくれてありがとう」

「でも自分ではそう思ってはいないんだ。セネガルには大勢のアリューがいるからね」

ロシアで人気になったシセ監督。日本相手にどんな采配を見せるだろうか。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら