熱戦が続くワールドカップ、グループステージの戦いは佳境を迎えている。

『WhoScored』によれば、大会12日目を終えた時点で、最も多くポゼッションをロストしているのはブラジル代表FWネイマールだったそう。

当然、チーム内で仕掛けを担う選手たちはこういったスタッツ自体が高くなるだろうが、これは意外かもしれない。

大会直前に骨折から復帰したネイマール。グループステージ2試合ともにフル出場し、コスタリカ戦では待望のゴールも決めた。

ただ、まだまだ本調子には至らないのか、苛立つ場面も散見される。そして、この2試合で15度もポゼッションを失っているという。

決勝トーナメント進出が懸かるセルビア戦では、本領発揮となるだろうか。