ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、日本代表はベルギーに2-3で敗れた。

日本は2点を先取する最高の展開となったが、そこから無念の3失点。惜しくもベスト8進出はならなかった。

『BBC』によれば、試合後のベルギー代表監督はこう日本を讃えていたという。

ロベルト・マルティネス(ベルギー代表監督)

「日本を祝福しよう。彼らは完璧な試合をした。

彼らはカウンターにおいて冷静で、とてもソリッドだった」

ベルギーは準々決勝でブラジルと対戦する。