7月2日、ロシアワールドカップのラウンドオブ16、ベルギー対日本の試合がロストフ・アレーナで行われた。

FIFAランキング3位のベルギーに対し、日本は61位。試合はその順位を表すように、ベルギーがボールを持ちながら圧力をかける展開に。

ただ、日本は最終的にベルギーが中央突破を狙っていることを見越してパスコースを封じ、最後のところでは体を張ってブロック。カウンターからチャンスも作り出すつつ、前半はスコアレスで終える。

迎えた48分、カウンターから柴崎岳がボールを持つと、スルーパスから原口元気が鮮やかな先制点。さらに4分後には、乾貴士が見事なミドルシュートを叩き込み、なんと日本が2点のリード奪う。

しかしベルギーは65分、マルワヌ・フェライニとナセル・シャドリを投入すると、69分にヤン・ヴェルトンゲン、74分にフェライニがいずれもヘディングでゴール。

その後も川島永嗣の好セーブなどでしのいできたが、後半アディショナルタイム、コーナーキックからのカウンターでシャドリが決勝弾。

ベルギーが3-2の逆転勝利を収め、2大会連続のベスト8進出を果たした。

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから