2大会ぶりにワールドカップ決勝トーナメントに駒を進めた日本代表。2日に行われる1回戦ではベルギー代表と対戦する。

ところで日本代表はこれまでベルギー代表と5度対戦しているが、その戦績は日本の2勝2分1敗だ。ここでは、これまでの対戦で使われたユニフォームを、試合画像を中心に振り返ってみよう。

1999年:日本 0-0 ベルギー(6月3日 国立霞ヶ丘陸上競技場)

ベルギー代表との初対戦は、1999年のキリンカップ。当時はペルー代表も含めた3か国総当たりのリーグ戦形式で行われ、日本代表は2試合ともスコアレスドローに終わっている。

(当時の試合画像を掲載できないため、ユニフォームは別の試合でのものを掲載する。)

日本代表 vs ベルギー代表 対戦 ユニフォーム

日本代表は1999-2000モデル(通称“風モデル”)のホームキットを着用。

日本代表 vs ベルギー代表 対戦 ユニフォーム

森岡隆三をはじめ中田英寿、名波浩、川口能活、相馬直樹、秋田豊、藤田俊哉といったメンバーで試合に臨んだ。

日本代表 vs ベルギー代表 対戦 ユニフォーム

ベルギー代表は1998年フランスW杯で着用した、Diadora製1998-99モデルのアウェイキットを着用。

日本代表 vs ベルギー代表 対戦 ユニフォーム

前身頃にエンブレムの大きな透かしプリントをあしらっていて、コレクターに人気が高かったユニフォームだ。