2大会連続13回目のW杯出場が控えているベルギー代表。過去最高位の4位以上を目指すロシアW杯に向けて、キットサプライヤーのadidasが新しいアウェイユニフォームを発表した。

adidasの説明によれば、今回のアウェイはシンプルに国旗カラーを採用したという。コンセプトは単純明快だが、ナショナルチームに相応しいデザインだ。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Belgium 2018 adidas Away

ベルギー代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

イエローを基調にレッドとブラックの差し色は、ベルギー国旗の3色。ベルギーの地にかつて存在したブラバント公国の紋章が、現在のベルギー国旗の由来となっている。イエローはその紋章に描かれているライオンの色だ。

ベルギー代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

互い違いのユニークな水平ストライプはadidasのジャージ「AdiPro 2018」がベース。背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリントしている。

ベルギー代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

パンツはブラックを基調にレッド/イエローのスリーストライプス。ソックスはイエローを基調に、前面には国名のグラフィックが入る。

ベルギー代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

こちらはadidasがリリースしたバチュアイのビジュアルショット。