2017-18シーズンのリーグアンを4位で終えた、酒井宏樹が所属するマルセイユ。そしてシーズン終了は、adidasとのパートナーシップの終幕を意味する。

1974年からともに歩んできたadidasとの契約が2017-18シーズンをもって終了。マルセイユといえばadidasというくらいに定着していただけに、サプライヤー変更はクラブ史に残る歴史的な出来事といえる。

そして新たなパートナーとなったPumaの第1弾ユニフォームが4日、クラブとメーカーの両方から発表された。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Olympique de Marseille 2018-19 Puma Home

マルセイユ 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

新しいユニフォームは港町マルセイユらしく、海をモチーフにしたデザイン。袖部分とボディ部分を完全に色分けしているが、このスタイルはadidas時代には無かっただけに新鮮に映る。

シャツには湿度調整を向上する“evoKNIT サーモレギュレーション テクノロジー”と、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムを採用している。

マルセイユ 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

背面首元にはマルセイユ市の旗と同じ「白地に青の十字」。選手はホームタウンの象徴を背負って戦う。

マルセイユ 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

パンツはホワイト、ソックスはブルーをそれぞれ基調。ソックスの前面にはPumaのキャットロゴ、背面にはチーム名の略称“OM”のグラフィックが入る。

マルセイユ 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

ネームナンバーも発表となった。ホームキットはこれまでと同じデザインを継続の予定。