『RMC Sport』は7日、「マルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して、多くのクラブが興味を抱いている」と報じた。

今季マルセイユで両サイドバックを務め、シーズンを通して安定したプレーを見せてきた酒井宏樹。

契約は2021年まで残っているが、今夏のマーケットでは移籍の噂が流れている。

先日伝えられたのはイングランド・プレミアリーグのクリスタル・パレス。

DFジョエル・ウォードがチームを離れる可能性があることから、その後釜として1200万ポンド(およそ17.56億円)で酒井宏樹の引き抜きを狙っているという話だった。

その他、イングランド・プレミアリーグではブライトン&ホーヴ・アルビオンとレスター・シティ、セリエAではナポリ、インテル、ミランが興味を持っているという。

さらに今回、かつて清武弘嗣も所属したリーガ・エスパニョーラのセビージャという名前も報じられている。

酒井宏樹はマルセイユで週給5万ポンド(およそ730万円)の給与を受け取っており、フランスで満足していると伝えられている。

また、クリスタル・パレスは現在経営難に見舞われており、最悪の場合は破産の可能性もあると伝えられたことも。

その中で酒井宏樹の獲得が可能かどうかは不明だが、少なくとも多くのクラブが注目していることは確かなようだ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など