『The SUN』は23日、「プレミアリーグの4クラブがセネガル代表FWイスマイラ・サールを狙っている」と報じた。

イスマイラ・サールは1998年生まれの20歳。先日行われたワールドカップではセネガル代表の前線で重要な役割を担ったアタッカーだ。

恵まれた体格にスピード、パワーを兼ね備え、技術を活かした鋭いドリブルも持つという才能豊かな選手として知られる。日本戦でも長友佑都と昌子源を苦しめた。

イスマイラ・サール セネガル

現在レンヌでプレーしている彼の価格は5000万ポンド(およそ72.95億円)に設定されているとのことだが、多くのクラブが関心を抱いているそう。

代理人を務めているティエルノ・セイディ氏は以下のように話したとのこと。

ティエルノ・セイディ

「彼はとてもスピードがある。さらに素晴らしいテクニックも持っている。

ウスマヌ・デンベレのようなクオリティを持っている。彼らは似ている選手だ。