コロンビア戦を勝利で終えた日本代表。「マイアミの奇跡」の後のグループステージ敗退を再現させないためには、セネガル戦で必ず勝点を獲りたいところ。

2002年日韓W杯でキャプテンを務めたアリュー・シセ監督に率いられたチームは、ほとんどが欧州で生まれた選手で形成されており、勢いと身体能力だけではない。

この中で注目となる6名の選手をピックアップした。

なお、イスマイラ・サール、イドリサ・グエイ、カリドゥ・クリバリは前節で紹介済みなので、そちらも参照してほしい。

エンバイ・ニアング

エンバイ・ニアング

セネガル代表
トリノ所属
FW
No.19
1994年12月19日(23歳)

ACミランやセリエAのファンは、きっと第1節のポーランド戦を見て「これをクラブでもやってくれよ…」と思っただろう。

一方、フランスリーグを長く見てきた方ならば、「カーンでデビューしたときのニアングが戻ってきた!」と思ったかもしれない。

この豊かな体格にフィジカルとスピードと柔らかさを備え、ボール扱いも巧み。時々ピッチ外でおイタをすることも含めて、「まるでマリオ・バロテッリだ!点は取れないけど」と言われてきた。

ちなみにポーランド戦のゴールはセネガル代表での初得点だ。これで勢いに乗ったとすれば、日本戦では彼が脅威になるかも…。