『ESPN』は26日、「マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督、そしてリヴァプールのユルゲン・クロップ監督が記者会見で奇妙なやり取りをした」と報じた。

現在アメリカやアジア各地で行われているプレシーズントーナメント、インターナショナル・チャンピオンズカップ。

マンチェスター・シティとリヴァプールはアメリカを訪れており、先日親善試合を行った。

結果はリヴァプールが2-1と勝利。W杯から復帰したムハンマド・サラーとサディオ・マネがゴールを決め、逆転でシティを下した。

試合後の記者会見に臨んだマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、会場に現れたクロップ監督を発見すると、なんと隣の椅子に誘う。

ところが、なんとこれでグアルディオラはさっと記者会見を切り上げて去ってしまった…。

ユルゲン・クロップ

「おそらくジョゼ・モウリーニョが来て、私の記者会見もそこで終わるね。

多分、ペップは少し怒っているのだろうと思うよ。

試合に負けたら、どうやって満足するというのか?試合に勝ったら、それは素晴らしいものだけどね」

グアルディオラ・キラーとして直接対決に強みを持っているクロップ。プレミアリーグでは10月6日に対戦することになる。