堂安律が所属するオランダ1部(エールディビジ)のフローニンゲンとPumaは28日、2018-19シーズンのホームキットを発表した。

90年代以降、フローニンゲンのホームキットは左右2本のグリーンのストライプが伝統となっているが、今回の新しいキットもそれを踏襲したデザインとなっている。

堂安はガンバ大阪からの期限付き移籍でオランダに渡ったが、クラブは4月に買い取りオプションを行使して完全移籍が決定。背番号を25番から7番へ変更して2シーズン目に臨む。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

FC Groningen 2018-19 Puma Home

FCフローニンゲン 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

伝統的にグリーンのストライプを左右に配置するデザイン。2017-18シーズンモデルは肩部分にグリーンのラインを入れていたが、新しいキットはホワイト一色とシンプルで、袖口をグリーンで彩っている。胸スポンサーは「Payt」で継続。

FCフローニンゲン 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

背面の首元にはホームタウンであるフローニンゲン市の旗をプリント。前身クラブから名称を変更し現在の「FCフローニンゲン」が誕生した1971年以降、ホームキットの色は市旗のホワイト/グリーンで一貫している。

FCフローニンゲン 2018-19 Puma ホーム ユニフォーム

パンツ、ソックスともにホワイトを基調。ソックスにはPumaのキャットロゴが入る。