『JOE』は2日、「イングランド・プレミアリーグのエヴァートンは、4名の選手をトップチームの練習から追放した」と報じた。

今夏のマーケットでリシャルリソン(ワトフォードから)、リュカ・デイーニュ(バルセロナから)を補強したエヴァートン。

多量の新獲得を行いながらも不本意な結果に終わった昨季を踏まえ、マルコ・シウヴァ新監督の下で基盤を強化している。

そして今回の記事によれば、開幕を前に4名の選手がファーストチームの練習から追い出されたという。

それはケヴィン・ミララス、アシュリー・ウィリアムズ、クコ・マルティナ、そしてニコラ・ヴラシッチであるとのこと。

そのうちケヴィン・ミララスについてはイタリア・セリエAのフィオレンティーナと接触していると言われ、移籍も噂されている。

エヴァートンは11日に開幕戦でウォルヴァーハンプトンとの試合を迎える予定となっているが、それまでに数名の放出もあるだろうか?