『Milliyet』は2日、「日本代表MF乾貴士は、長友佑都がベティスに来る直前だったと明かした」と報じた。

記事によれば、今季ベティスに加入した乾は以下のように語ったとのこと。

乾貴士

「長友はかなりベティスに近づいていたよ。しかし、ガラタサライがより大きな金額を提示したんだ。

彼は僕の友人だし、とてもいい選手だよ」

長友佑都は2018年1月にインテルからガラタサライにローン移籍しているが、その際にはベティスとの関係が噂されていた。