長らくプレーしてきたユヴェントスを退団した元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオ。

32歳になった彼の新天地はロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに決まった。

契約は2年になる見込み。昨季5位だったゼニトだが、予選を勝ち抜きUEFAヨーロッパリーグへの出場権を掴んでいる。