マンチェスター・シティとテクニカルスポンサーのNikeは4日、今シーズンのサードキットを発表した。

主にチャンピオンズリーグなどで使われるというこのキットは、意外性のある2色の組み合せ。そしてデザイン面では、久しぶりに“たすき掛け”を復活させている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Manchester City 2018-19 Nike Third

マンチェスター・シティ 2018-19 Nike サード ユニフォーム

新しいサードキットは、2010-11シーズン以来となる“たすき掛け”。なお正確には“たすき”ではなく、サッシュ(肩帯)が正しい呼び名。シティでは過去に何度か使われているデザインだ。

色はパープルを基調とし、前身頃には上空から撮影したマンチェスターの街の写真をプリントしている。

マンチェスター・シティ 2018-19 Nike サード ユニフォーム

パープル、オレンジともに以前から使われている色だが、同時に使ったのは今回が初めて。

マンチェスター・シティ 2018-19 Nike サード ユニフォーム

パンツはパープル、ソックスはオレンジを基調としている。ソックス上部にはパープルとの水平ストライプをあしらい、前面には“CITY”の文字が入る。