今夏、ロシアのCSKAモスクワに移籍した西村拓真。リーグ第8節スパルタク・モスクワ戦で新天地デビューを果たした。

両者が対戦するモスクワダービーはロシア最大のダービーともいわれる一戦。西村は1-1で迎えた後半38分に3人目の交代選手としてピッチに投入された。

『sport24』によれば、デビュー戦でもう少しでアシストというシーンがあったとのこと。

コーナーキックのボールを西村が合わせた後、DFホドリゴ・ベカォンがゴールに迫ったものの得点にはならず…。

結局、試合は1-1のまま引き分けで終了。CKSAのMFニコラ・ヴラシッチが決めた同点ゴールはこんな感じだった。

CSKAは来月にUEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦する。西村の出場にも期待したい。