ジャンルイージ・ブッフォンの後任として、ユヴェントスのゴールを任されているポーランド代表GKヴォイツェフ・シュチェスニ。

『BBC』のインタビューに答えた彼は、古巣アーセナルについてこう語っていた。

アーセナル時代のシュチェスニ
ヴォイツェフ・シュチェスニ(ユヴェントスGK)

「ずっとアーセナルにいたかった。

自分が愛しているクラブだ。いまでも応援しているよ。

あそこでプレーするために全力を賭した。

あそこでもっと成し遂げられなかったことを後悔しているよ」