『Metro』など各メディアは6日、「ミランの監督ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏は、MFティエムエ・バカヨコの苦戦は自分のせいだと語った」と報じた。

今季チェルシーからミランへとローン移籍することになったバカヨコであるが、ここまでの試合ではいいプレーを見せられておらず、メディアからも酷評されている

しかしガットゥーゾ監督は彼について以下のように話し、うまく行っていないのは自分の失敗であると語ったという。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

「バカヨコは助けを必要としている。彼は苦しんでいる。

戦術をまだ頭の中に叩き込むことができていない。そして、それは明らかにオレの失敗だ。

我々は練習でバカヨコとともにもっと努力をしなければならない。

彼はここで2ヶ月プレーしてきた。そして、我々はまだ彼に動き方を理解させることができていないんだ。

我々の義務は、彼を選手として成長させてやることだ。なぜなら、バカヨコは多くのクオリティを持っているからね。そして、我々はまだそれを見ていない」