リヴァプールでプレーするエジプト代表FWムハンマド・サラー。

このほど行われたアフリカネーションズカップ予選スワジランド戦で凄いゴールを決めた。

なんとコーナーキックを直接ゴールに叩き込んだのだ。その瞬間をスタンドから撮影した映像で見てみるとこんな感じ!

鋭く曲がったボールにGKは対応できず…。エジプトはFIFAランキング136位のスワジランドを4-1で撃破している。

ただ、サラーは終盤に負傷交代。『beIN SPORTS』によれば、エジプト代表のアシスタントマネージャーはこう述べていたそう。

ハニー・ラムジ(エジプト代表アシスタントマネージャー)

「代表のメディカルスタッフによる初期診断によれば、サラーが負ったのは筋肉の怪我だ。

より詳しい検査を受けるだろうが、私見では深刻ではない」

エジプトは来週火曜日にスワジランドとのリターンマッチを控えている。