『FourFourTwo』は8日、「イングランド・プレミアリーグで最も勝率が高かった40名の監督は?」という記事を掲載した。

1992年にスタートしたプレミアリーグ。25年の間に多くの監督がチームの指揮を執ってきた。

その中で最も勝率が高かった40名の指揮官、そして最も勝ちを重ねてきた最高の監督とは誰か?なお、15試合以上指揮した人物のみが対象となっているとのこと。

38位:ハリー・レドナップ(ウェストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナム、QPR)

勝率:37%

ハリー・レドナップ

38位:マルティン・ヨル(トッテナム、フラム)

勝率:37%

38位:ブライアン・リトル(レスター、アストン・ヴィラ)

勝率:37%

35位:ハビ・ガルシア(ワトフォード)

勝率:38%

35位:レイ・ハーフォード(ブラックバーン)

勝率:38%

35位:クレイグ・シェイクスピア(レスター・シティ)

勝率:38%